琉球フェスティバル

何年ぶりになるかな?

久しぶりに琉球フェスティバルへ行って来ました。


毎年沖縄からたくさんのミュージシャンがやってきて楽しませてくれます。


司会はガレッジセールと、テレビ朝日のミュージックステーション担当の女子アナさん。

会場のお客さんから泡盛の差し入れに毎回一気飲みしちゃう三人。


開場時間に突然の雨。
雨天決行のイベントなので時間通りにスタート。

雨宿りをしていた私達はオープニングのきいやま商店を全部見れなかったけど会場の盛り上がりはすごい。

レインコート買ってオリオンビール買ってタオル振り回して楽しー!


途中何度かヤバい雨や雷に面食らったけど、お客さんみんな帰る人もいませんでした。


お目当てのバンド、パーシャクラブにはボーカル新良幸人と同郷の石垣島出身の夏川りみも参加。

童神、涙そうそう、満天の星…

涙腺崩壊。

涙で水分なくなったらビールで補充。


楽しかったなぁ~


火曜日からお仕事頑張らなきゃね。
[PR]

# by MI-HI-YU | 2013-07-15 14:30

レオ・レオニとリリーフランキー

毎日暑いですな。
暑いんだけどどうしても行きたい所へ。
c0206084_13305051.jpg


レオ・レオニ。

スイミーの絵本は誰しも見たりしたのでは?
教科書にも載ってたしね。

絵本で見慣れた平面な印刷とはもちろん違い貼り絵でできた原画は生き生きとしたものでした。



午前中はかわいらしい世界にいた私と友人は午後にはどっぷりアダルトな人間くさい世界へ。

c0206084_1330519.jpg


ストリッパー物語。
つかこうへい作品って映画の蒲田行進曲しか見たことなかったし、ストリッパーなんて世界もちろん知らない。

擬似ストリップ。

舞台にはデベソという踊り子さんが踊るステージがあり、実際にショーを見ている気分。
役者さんは脱がないですが。
けっこう際どいシーンやセリフがあってドキドキしました。

それにしてもリリーフランキーという男。只者ではないです。

しっかり舞台役者。しかも、かなりうまい。

ねじれた愛情表現しかできないヒモを嫌みなくむしろ愛すべき人間として演じていました。

主演の渡辺真起子さんの凛々しくて、お人好しでヒモであるシゲさんのためなら全身捧げる明美という役もはまってた。
低く通る声も素敵だった。


泣ける舞台。
もう一度観たいと調べたんだけどチケット売り切れでした。残念。


余韻を大切にしたかったから静かに飲めるお店で乾杯。
c0206084_13305298.jpg

c0206084_13305240.jpg

c0206084_13305354.jpg

[PR]

# by MI-HI-YU | 2013-07-15 13:03

バイバイ石垣島

c0206084_1174829.jpg

NHKドラマ、テンペストの原作者でもある池上詠一の風車祭という小説にでてくる御嶽。
c0206084_1174884.jpg

お供えの泡盛が雨上がりのもわっとした空気に混じり艶かしい。

c0206084_1174979.jpg

この石が転がってきてびくとも動かない事からここが聖地になったんだって。

また、本を読み返そう。



c0206084_1174997.jpg
すっかり様変わりした新空港。

c0206084_1175036.jpg

空港内の仕事は見ているのが楽しい。ムダのない動きに感心する。


飛行機動き始める時に車止めとかはずす人とかが手を振るじゃない?
私は昔から必ず手を振り返すよ。


今回はの旅は初石垣島の嫁両親を案内すると同時に母の同級生を訪ねる旅でもありました。


島の有名店
舟蔵の里のおかみさん、竹富島の工芸館でミンサーを織っている職人さんのゆみさん、とってもステキな方々です。

久しぶりに旧友に会った母もとても楽しそうに、そして名残惜しそうにしていました。
[PR]

# by MI-HI-YU | 2013-05-26 10:51

まだまだ続くよ石垣島

c0206084_10455125.jpg

今回は弟の嫁さんのご両親が初めての石垣島という事で島の史跡を。

c0206084_10455124.jpg

宮良殿内
c0206084_10455265.jpg

実は母のご先祖のお家です。

200年近く経つこの屋敷、今もおじいちゃんが住んでいます。
私が小さい時からおじいちゃんだったけど、いつも面白い話を聴かせてくれました。



c0206084_10455354.jpg

久しぶりに鍾乳洞へ。

島には何カ所か鍾乳洞があってワクワクしちゃいます。


c0206084_10455418.jpg

こちらの鍾乳洞、水琴窟の部屋もあります。

静かに耳を澄まして聴くとなんとも心地よい。



そういえば、こちらの鍾乳洞、むか〜し昔、ひとりで来た事あったな。
まだ、途中までしか公開していなくて来た道をまた戻ったんだった。

そんなことを思い出した。
[PR]

# by MI-HI-YU | 2013-05-26 10:23

石垣島での初めて

c0206084_10171734.jpg

今回の島への旅で絶対に行こうと思っていた場所。

島育ちの母も聞いた事はあるけどどこにあるのかは知らなかったという、
フルスト原遺跡。

ドライブしていて気になっていた小さな小さな案内板。

やっと行けました。

でも、案内板通りに行ってもあるのは会社の駐車場だけ。

どこにあるのかな?

と、一度戻って同じ道を行くとバギーを押しながら歩くおばーがいたの。

おばーに聞いたらやっぱりあってる。どうやらその駐車場の先にあるんだって。

ありがとうね。とお礼言ったら
ちょっと待って。
とおばーのバギーからキュウリとプチトマトが出てきた!

形悪いけと食べてね〜
って。かわいいおばーとの出会いがありフルスト原遺跡へたどり着いた。


フルスト原遺跡というのは石垣島の英雄、革命家オヤケアカハチと彼に賛同した仲間達と暮らした居住地跡とされています。



c0206084_10171829.jpg

これといった案内板も看板も説明板もなく、あるのは所々ある木にくくられた小さい板。

c0206084_10171891.jpg

石垣で円形に作られたものが15ほどあらしい。

御嶽の跡もあるみたいなんだけど見つけられなかった。



c0206084_10171965.jpg


こんなに素晴らしい遺跡を島の観光の目玉にしないのもったいないなと思ってしまいます。


これから観光地化するみたいですけど。




もう一つ初めて。



ヤエヤマホタルっていう、五ミリくらいしかないホタルを見てきましたよ。

日没一時間程しか見る事ができないので予定を調整しながら見る事が出来ました。

大人六人子供に戻って大興奮。

楽しい夕べでした。
[PR]

# by MI-HI-YU | 2013-05-26 09:52