レオ・レオニとリリーフランキー

毎日暑いですな。
暑いんだけどどうしても行きたい所へ。
c0206084_13305051.jpg


レオ・レオニ。

スイミーの絵本は誰しも見たりしたのでは?
教科書にも載ってたしね。

絵本で見慣れた平面な印刷とはもちろん違い貼り絵でできた原画は生き生きとしたものでした。



午前中はかわいらしい世界にいた私と友人は午後にはどっぷりアダルトな人間くさい世界へ。

c0206084_1330519.jpg


ストリッパー物語。
つかこうへい作品って映画の蒲田行進曲しか見たことなかったし、ストリッパーなんて世界もちろん知らない。

擬似ストリップ。

舞台にはデベソという踊り子さんが踊るステージがあり、実際にショーを見ている気分。
役者さんは脱がないですが。
けっこう際どいシーンやセリフがあってドキドキしました。

それにしてもリリーフランキーという男。只者ではないです。

しっかり舞台役者。しかも、かなりうまい。

ねじれた愛情表現しかできないヒモを嫌みなくむしろ愛すべき人間として演じていました。

主演の渡辺真起子さんの凛々しくて、お人好しでヒモであるシゲさんのためなら全身捧げる明美という役もはまってた。
低く通る声も素敵だった。


泣ける舞台。
もう一度観たいと調べたんだけどチケット売り切れでした。残念。


余韻を大切にしたかったから静かに飲めるお店で乾杯。
c0206084_13305298.jpg

c0206084_13305240.jpg

c0206084_13305354.jpg

[PR]

by MI-HI-YU | 2013-07-15 13:03